みんなの不思議に思うこと

みんなが不思議に思っている事を載せていくブログ

部活帰りに遭遇した女子生徒と鈴の音。

私が通っていた中学校は山に囲まれた場所にありました。

回りは団地があり新築の家がどんどん建っていました。

当時、部活で帰りが6時過ぎで冬は街灯があっても暗い。

バス通りなので車の往来はありますが、人気はありません。

団地下のバス通りをずっと歩く訳ですが、民家はポツポツあるだけです。

その日も部活帰りで、たまたま一人でした。

団地入り口で同級生と別れてバス通りを一人で歩いていました。

300メートルほど行くと民家が3建並んでおり、人が立っていました。

制服姿で女子です。

足元に鞄を置いて、私に背を向けていました。

同じ制服なので先輩だと思いました。

おかっぱ頭のほっそりした人がガードレールの側に立っています。

私は一年生なので顔を見ないように下を向いて足早に通り過ぎました。

よく親に迎えに来てもらう生徒が待っている場所です。

車を待っていると思いました。

しばらくすると後ろから足音と鈴の音が聞こえます。

あれ?さっきの人かな?と思いました。

そのまま歩いているとどんどん鈴の音が迫ってきました。

足音も同じように聞こえます。

歩道ですが、杉の木が立ち並び民家がない場合でした。

その時、私の靴の紐がほどけて結び直そうとしゃがみました。

後ろから人が来ると思い、脇に寄って結びました。

あれ?音がしない。と気がつきました。

鈴の音も足音も聞こえないので、後ろを振り返りました。

誰もいません。

さすがに怖くなりの小走りになりました。

しばらくすると後ろから鈴の音が聞こえます。

嘘でしょう?と私はかなり焦りました。

鈴の音がどんどん迫って来るのです。

怖くて私は走りました。

ちょうど民家の明かりが見えてそこまで逃げるように走りました。

それでも音は迫ってきました。

どうしよう!どうしよう!私は必死に走りました。

その時、バス停が見えて、ちょうど団地行きのバスが上がってきました。

バス停に止まると、人が数人降りました。

必死で走ってその人達とすれ違いました。

思いきって振り向きましたが、降りた人以外、いません。

鈴の音も聞こえなくなり、家まで走って帰りました。

いつもは友達と帰るのですが、その日は風邪で休みでした。

この事は家族以外、話しませんでした。

友達に話して怖がらせてはいけないと思い、秘密にしました。

あの女子生徒は誰だろう?鈴の音はどんな意味があるのだろう?

今もたまに思い出しますが、謎のままです。

いろいろなモノの形について思うこと。

小さい頃から不思議に思っていたのは、地球がなぜ丸いのかと言うことです。地球だけでなくその他の天体も大概丸いです。

 

私が把握していないだけで楕円形のものや、もしかしたら複雑な形をしている惑星があるのかもしれませんが、中学生で習うような水金地火木土天海冥はすべて球体です。

 

しかも回っています。回っているからこそ球体にならざるを得ないのかもしれないと考えると、回っていない惑星は無いのかと言うと結論に至ります。

 

もし止まっている惑星があったとすれば、それは三角だったり四角だったらする可能性もあるのでしょうか。

 

不思議でなりません。太陽考えてみるとどうでしょう、太陽は自身が回っているわけではありません。形はと聞かれると、おそらく姉妹ではないかと思うんですがホントのところはよくわかりません。

 

しかし小さい頃からよく描く太陽のイラストというのはみんな円を書くことから、一般的な認識は円であると言えます。ここまで何もかもが球体であるとするならば、なぜこの宇宙は球体であふれているのかという事まで気になります。

 

宇宙の謎というのは考え出すと迷路ようなもので答えが分からなく、途方に遅れてしまういます。しかしそこには何かの意味やメッセージがもしかしたらあるのかもしれないと思いを馳せてしまうのが我々人間なのでしょうか。

掃除をするとその後必ず、何かいいことが起こる!

よく断捨離をすると運気が開けるとか、掃除をすると幸運が舞い込んでくるとか聞きますが、私は以前そういうことを聞いても「そんなわけないじゃないか」と聞き流してしまうタイプでした。


しかし、職場で人間関係に悩んだり、運が悪いなと思うことが続いて困ったなあと思っているとき、なぜか「掃除をしなければいけない状況」に追い込まれます。
そしてその後必ず良いことが起こるのです。


例えば、上司とそりが合わず困っていた時のことですが、当時付き合っていた彼氏が急に私の部屋に来ることになりたくさんの要らないものを捨て、徹底的に部屋を磨き上げました。


するとそのことがあってから急に事態が好転し、上司との関係も私が納得いく形で落ち着きました。


また、結婚後に狭いアパートに住んでいて「もっと大きな部屋に住みたいなあ」などと考えているとき、久しく会わない人が我が家に来ることになり大掃除をしたのですが、その後まもなく理想的な分譲マンションを購入することができました(金銭的にも非常に満足できるものでした)。 

 

その他にも、掃除をしたあと急に理想的なアルバイト先が見つかったり、臨時収入があったりと、細かい例を挙げればきりがありません。


掃除で運気が上がる、という言葉を聞いてもたいていの人が胡散臭い印象を持つと思いますし、なんら科学的な裏付けがあるわけでもありません。


しかし私は実体験として、掃除のおかげで助けられたとしか思えない経験を大なり小なり経ていますので、掃除と運気には明らかに関係がある!と思っています。

猫の顔洗いは天気予報になる?!

猫を飼ったことがある人は誰しも1度は聞いたことがあると思うのですが、猫の顔を洗うしぐさで明日の天気がわかるという迷信のようなものがあります。

 

顔を洗うときに耳の後ろから、念入りにに手を動かしていれば、雨が降る。顔を洗うときの手が浅く、耳の後ろまでいかない場合は雨が降らない。

 

という言い伝えがあります。科学的な根拠があるのかわからないですが、雨の前の湿気の量だったり、何か独特の感覚のようなものを猫が持ってっていて、その感覚器官が耳の後ろにあるのかなと予想もしたりしてみるのですが、本当のところはどうなのかはよくわかりません。また私自身も猫を飼っています。

 

私が飼っている猫は、この天気予報がかなりの確率で当たるのですが、日にちが1日ずれていて、耳後ろから手を回していた翌々日に雨がいつも降ります。

 

そうなってくると前々日に2日後の雨を感知するというのは凄く難しくて、天気予報でも外れることが多いのでさらに謎は深まるばかりです。

 

自然で生きている動物の方が私たち人間よりも感覚が優れているようなことが多いので、彼らの行動や仕草を見ているといつも何か意味があるのかと考えてしまいます。

 

生まれ持った本能というものが本当に凄いものだということがこのことからも学べました。

人の言葉や自分の夢に何かを感じていた私が、病気になりました。

数年前のことですが、ガンになりました。


といってもごく初期の段階で発見され、今は完治していますが、ガンが発見されるまでの過程が今考えても不思議でなりません。


そのころ、よく一緒にランチをしていた友人がいたのですが、病気などネガティブな話をあまりしたがらないその友人が突然「自治体から案内が来てガン検診に行ったら、良性だけど腫瘍が見つかったの」と言ってきたのです。


あれ、この人が珍しいな、と思いましたし、家に帰ってもなぜかその言葉が頭に引っかかって仕方がありませんでした。


自分も年齢的にガン検診に行かなければいけないと思いつつ、ついつい面倒で先延ばしにしていた私が、なぜか急に自分も病院に行こうと思い立ち、ネットで検索を始めたほどです。


また、そのことがあってからしばらくした後、亡くなった祖父母やその他の身内が次々に夢に現れ始めました。


全く怖い感じがせず、また夢に出てきても何か怖いことを言うでもないので、目が覚めた後もああ不思議だなあ、くらいの感想しかなかったのですが、その一方で、これまでなくなった身内の夢など見ることはなかったのに、これは何かある、と予感めいたものがありました。


それから数か月後、私自身にガンが見つかりました(自分でガンのしこりを発見しました)。


友人の言葉に何かを感じ、病院を探したこと、身内が夢に出てきたことなどが、この時私の中ですべて一つの線でつながったような感じがしました。


人によっては偶然の一言で片づけられてしまうかもしれませんし、かつての私もそうでした。


しかし、それまで何でもないように感じられたことに、なぜか強烈な印象を抱いたということが、私の中の何かが危機を教えてくれようとしていたのだと思わざるを得ません。


あのときその予感に突き動かされて、自分はガンかも!と思い自分の体を調べてみて良かったです。

押井守監督の不思議について期待を込めて

人を感性の冷たい聖域に連れ出すような希有なアニメを作る人です。


アニメーションよりも僕にとっては大事なのが環境映像作品です。


押井監督は純粋なアート映像も作る人です。


東京静脈という都心の川をボートからの景観を川を進みながら撮影し映像化した物があります。


幽玄な川井憲次氏の音楽でどこにもない優れた作品になっています。


アニメでは没頭が生まれるけれど、こちらは更に高い次元に人を運んでくれます。


信頼の置ける監督なんだと思います。

もう一つ愛知万博で使われためざめの方舟という映像作品があります。

これも唯一無二の仕上がりになっています。

夢を夢と言わせない力があります。

それは価値観を超越したなにかという事になります。

押井守監督の作品のような世界にこれから世界がなっていって欲しいです。

不思議な世界が押井守監督の周りには溢れだしているのかもしれないです。

これからもっともっとそれが集まり濃くなり第二第三の押井守監督やその申し子たちが現れ僕ら自身が皆それに融合していくように感じます。

生きててよかったという現実ができてくると思います。

何かを信じるという不思議を信じたらよいのです。

みんな目指す方向はおなじなのかもしれません。


自由に生きられるのかもしれないですね。


功罪は脱ぎ捨てて。

愛犬の不思議な行動について

わたしが非常に不思議だと日々感じていることは飼い犬の行動についてです。

 

寒い日にはいつもわたしにくっついて眠ることが多いのですが、日によってくっつけて寝るところが違います。

 

いつもはおしりをくっつけて寝るのですがたまに頭をくっつけて眠ることがあります。あまりに寒いのならばおしりやからだごとひざのうえに乗ればいいのにと思うことがあります。集団で生活するというスタイルが主な犬の習性なのでしょうか。

 

もうひとつは、ただただ飼い主のことが好きで、そばにいると安心するからという理由もあるのかもしれません。

 

現に私と一緒にいるときとお留守番させているときとは顔つきが違うようです。飼い主のそばで心地よさそうに眠っているわんこを愛おしく思い、「このまま一緒に寝ちゃおうかな~」と眠気に襲われながらも、「犬と一緒に寝てはいけない」などと聞いて、心配する人もいるかもしれません。


でも、寝ている時に飼い主がどかそうとすると唸ったり噛もうとするなどといった行動や、全くいうことを聞かないなどといった普段の行動に大きな問題もなく、それほど心配しなくても大丈夫なようです。

 

また犬の急所は、おなか以外に後ろ足も急所のひとつだといいます。なるべく傷がつかないように気を付けています。

遠くて近い、近くて遠い亡くなった家族」

私が不思議に思っていることは、「どうして亡くなった家族のことを、身近に感じるのか?」ということです。


家族が亡くなると、生きている時以上に身近に感じるのは私だけではないかも知れません。


命があるうちは何気ない日常は小さなことでケンカをしたり、わがままを言って後になって後悔したりすることも多い私です。


でも家族が亡くなると、生前には言葉にしなかったような想いが溢れます。

 

「あの時。ああすれば良かったな」、「もっと素直になれば良かったな」そんな想いが頭の中を巡ります。だから、「おばあちゃん、あの時は本当にごめんなさい」とか、「お父さん。今、私はあの時のことを、こんなふうに思っています」などと心の中で思い、亡くなった家族に話しかけています。


亡くなった家族には素直になれて、優しい気持ちになれるのですね。私がそんなふうに感じる分だけ、私の心の中にも亡くなった家族が住み続けてくれているように感じます。


「おばあちゃんが〇〇〇(私)のことを守っていないわけがないんだよ。おばあちゃんは、いつだって側にいるから大丈夫だよ」、「おぉ、〇〇〇(私)、お父さんも守り、励ましているからな!大丈夫だ」と生きている時の何倍も身近に感じるのです。


いつか・・・私も自分の命を使い終わった時、亡くなった家族に「頑張って生きてきました」と正々堂々と胸を張って言えるように毎日を丁寧に、大切に生きていきたいと思っています。

まったく問い合わせの返事がこないネット会社

私は家のネットはWiMAXを使ってます。
一番安い会社のを使ってるんですが、そこの会社がいまいち問題ありだな…という不思議ポイントがいくつもあるんです。


まず、膨大なメールがほぼ毎日送られてきます。迷惑メール扱いにしてあるのですが、スパムメールレベルです。これはいくらなんでもヒドイですし、利用者が不快に思うと会社は思わないのかな…と不思議です。


あと、わからないことがあって問い合わせフォームから問い合わせしたのですが、いっこうに返信がきません。


これには驚きました。


また、契約更新をしたのですが、そこで問い合わせたいことがあったので、「早めに返信お願いします」みたいなこともちゃんと書いてメールしたのですが、これもまた、無視状態です。


かなり有名な会社がやってるサービスなのですが、こういう感じだと衰退してだめになっていくんじゃ…と思います。


まず、なぜ問い合わせメールに返信してくれないのか不思議です。


他のサイトの会社とかだと、かなり迅速に丁寧に返信してくれます。


忙しいのはわかりますが、それでも遅れてもいいので返信は欲しいです。ですが、その問題アリの会社はおそらく返信はこなさそうな感じです。


安いので更新契約しましたが、次の更新はしないかもしれません。

医者の人柄が昔より落ちている?

私が小さい頃、内科、歯医者、眼科、といろんな医者にかかりましたが、どこのお医者さんでも人柄もよく、まさに「先生」という感じでした。


でも最近不思議に感じるのが、お医者さんの人柄です。


明らかに「このひと問題あるな」というような人が増えた感じがします。


ぶっきらぼうで、突然キレるみたいな言い方をする医者とか、余計な恐怖心を与えるようなことを言って病院にこさせるような医者、特になんでもない症状なのに通院させ続ける医者、風邪薬が欲しいのに薬をだししぶるおかしな医者…などです。


こんな医者、昔はいなかったよな…と不思議です。


医者の質がおちているんじゃないでしょうか?


それとも、誰でも簡単に医者になれるというか、医者があまっているんでしょうか。


医者はある意味サービス業でもあると思うんですよね。接客というか、患者はお客さんだと思うんです。


でも、うまくコミュニケーションとれない医者とか、とにかく通院させたがるだけの医者とか、本当に患者の身になって考えてくれている医者が少ないな…と感じています。
これは時代的なものなんでしょうか?


最近、医者探しに困ることが多いので、昔はこんなことなかったのにな…と不思議に思ってます。