読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの不思議に思うこと

みんなが不思議に思っている事を載せていくブログ

幼いころの不思議な体験

あれはまだ小学生の頃だったと思います。
当時父の社宅(マンションの1階)に住んでいた私は毎日母親と一緒に寝ていました。
ある日、いつもは母に起こされて目覚める私が、何故か母より早く早朝目が覚めました。


その部屋には、幅1m程の窓がついていたのですが、ふと見るとカーテンにはっきりと人の影が映っていたのです。


マンションの1階であったため、不審者の侵入を防ぐ為なのか、窓は通常の雨戸ではなく、檻のように格子がついていたのですが、
そこにしがみつくかのように人影がユラユラと動いていたのです。


幼い私は怖くてたまらず、母を見ても起きる様子は無し。
しかも、首を窓の方に向けることは出来たのに、何故か体も動かず、声も出ません。
布団を被る事も出来ないまま、ただただ恐怖に震えていると、いつの間にか人影は消え、体も動くようになりました。


安堵から私はすぐに寝てしまい、結局母親にも話せないままでした。
ただでさえ大きな音に敏感で、気の小さな子供だった私は、変な事を言って、弱虫だと思われたくない、という強がる気持ちもあったと思います。

その後私もいまや30歳を超える年齢になりましたが、同様の事は起きず、私生活に何か霊的な不幸(?)が起きたという経験もありません。


あれはどこかの誰かが悪戯でやった事に、幼い私が恐怖で固まってしまっていただけなのか、それとも本当に何かこの世ならぬ者が現れてしまったのか、 

今でも不思議でならない経験となっています。