読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの不思議に思うこと

みんなが不思議に思っている事を載せていくブログ

おみやげに持ってかえるつもりだったのに

子供の頃に雲に乗れると思っていた人は私だけではないはずです。雲に乗ったり雲を食べたりする、絵本や子供向けの物語の影響だと思いますが。

 

私は小学校中学年くらいまで、雲は固体だと信じて止みませんでした。本当は雲に乗れるんだけど皆が雲に乗らない理由は、高度で酸素が薄いからなんじゃないだろうかと真剣に考えていました。上空が酸素が薄いことは分かっていたのが、なんとも微笑ましいです。


この非科学的思考だった夢見がちな子供時代の私の雲にまつわる思い出です。とある夏、家族で乗鞍岳に旅行に行くことになりました。高い所を車で走るので雲の中を進むこともあると聞き、私は友達へのお土産は雲にしようと決めていました。隣で私をバカにする姉を尻目に、ビニール袋を用意し車が雲の中に突入する瞬間を待ちました。

 

目の前がモヤってきたので今だとビニール袋を窓から出し雲を収集しました。よーっしと袋を閉じてよくよく観察するに、残念ながら雲らしいものは入っていませんでした


家に帰ってから、がっかりする私に姉がヤカンの蒸気を使って雲が掴まえられない理由を教えてくれました。それでも子供の私には雲に触れなかったこと、掴まえられなかったことが不思議で仕方ありませんでした。