読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの不思議に思うこと

みんなが不思議に思っている事を載せていくブログ

若い女の子が鼻声で話すのはどうしてか

最近の女性テレビタレントやアイドル、女性アスリートの話し方を聞いて、いつも違和感を感じます。

 

低音で鼻にかかったような声で話し、なんとなくバカっぽく感じるのです。
女性の声が低くなったのは、女性が社会進出が原因とも言われてます。


今は女性も男性と同じ立場で仕事をして活躍している人が多いです。


女性が自信と余裕が裏打ちして低音になってきているという説があるんだそうです。


自分の母親や教師が低音なため、子供たちも低音になってきてるとのことなんです。

次には鼻声ですが、最近のアニメを見ると、女の子はみんな鼻にかかった声で話すのでその影響なのかなと思っていました。


ただ、アニメは高温の鼻声ですから、今の若い子の話し方とちょっと違いますね。


低音の鼻声で一番分かりやすいのがフィギュアスケート宮原知子選手、そして本郷理華選手です。
二人とも若いですが、世界で活躍する選手としてそろそろ大人の女性らしい話し方をしてほしいと思います。


宮原選手は英語でもインタビューを受けることができるとのことなんですが、英語もあんな話し方しているのでしょうか。


わざと鼻にかけた話し方をしているとしたら、そんな話し方が可愛いとか思っているか?日本人として恥ずかしいなと思います。


浅田真央選手はあんな話し方はしませんよね。


ところが調べてみると、医学的なことで今の若い子達は鼻声になるんだそうです。


最近は、固い食物を食べなくなり咀嚼の回数も強さも低下しまっています。


顎骨と顎関節周辺筋肉の発達が悪くなる、口腔内の容積が低下、声を出しても鼻腔まで空気が流れない状態となり、鼻声になってしまうようなのです。


幼児のように語彙の切れが悪く締まりのない話し方になるのは最近の若い子の顎が発達してないせいだというのです。


しかし、顎の筋肉は咀嚼することによって強くすることができるのではないでしょうか?


この話し方は恥ずかしいんだということを自覚してほしいと思っています。