読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの不思議に思うこと

みんなが不思議に思っている事を載せていくブログ

夢が現実になった次男の出産経験

私には長女と次男の二人子供がいます。その次男を出産する際に不思議な体験をしました。


丁度妊娠中34週目辺りの頃に嫁の出産の兆候が少しずつ出だし、そろそろいつ出産がきてもいいように入院の準備をしなきゃなぁと少しずつ準備をしていたのを覚えています。


ある日夜眠りにつき嫁はこんな夢をみたそうです。夢の内容は私が嫁に「絶対夜中に生まれるぞ。絶対夜中に生まれるぞ。」となんかいも言っていたそうです。

 

一応こんな夢をみたよーと話は聞いていましたがきにもせず毎日をすごしていました。そしてついに出産の時がきました。夜12時すぎに出産のスイッチがはいり私は陣痛の合間合間をねらって少しずつ嫁と移動しながら車に運び、産婦人科に運びました。

 

そして一時間程の安産でしたが、元気な男の子を無事出産することができました。


時間は夜中1時過ぎ、ふと以前の夢の話を思い出し不思議な気持ちになったことをおぼえています。


気になったので助産師さんに話をしたところ人それぞれではありますが、夢の中で色々メッセージを受けとるかたも少なくはないそうです。私が聞いたはなしでは、いついつにでるよーという赤ちゃんからのメッセージや妊婦さん自体がいついつに産むという夢を何回もみるというのを伺いました。


もしこれから出産を控えているか方がいらっしゃいましたら夢を意識して過ごしてみるのはいかがでしょうか?