読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの不思議に思うこと

みんなが不思議に思っている事を載せていくブログ

遠くて近い、近くて遠い亡くなった家族」

私が不思議に思っていることは、「どうして亡くなった家族のことを、身近に感じるのか?」ということです。


家族が亡くなると、生きている時以上に身近に感じるのは私だけではないかも知れません。


命があるうちは何気ない日常は小さなことでケンカをしたり、わがままを言って後になって後悔したりすることも多い私です。


でも家族が亡くなると、生前には言葉にしなかったような想いが溢れます。

 

「あの時。ああすれば良かったな」、「もっと素直になれば良かったな」そんな想いが頭の中を巡ります。だから、「おばあちゃん、あの時は本当にごめんなさい」とか、「お父さん。今、私はあの時のことを、こんなふうに思っています」などと心の中で思い、亡くなった家族に話しかけています。


亡くなった家族には素直になれて、優しい気持ちになれるのですね。私がそんなふうに感じる分だけ、私の心の中にも亡くなった家族が住み続けてくれているように感じます。


「おばあちゃんが〇〇〇(私)のことを守っていないわけがないんだよ。おばあちゃんは、いつだって側にいるから大丈夫だよ」、「おぉ、〇〇〇(私)、お父さんも守り、励ましているからな!大丈夫だ」と生きている時の何倍も身近に感じるのです。


いつか・・・私も自分の命を使い終わった時、亡くなった家族に「頑張って生きてきました」と正々堂々と胸を張って言えるように毎日を丁寧に、大切に生きていきたいと思っています。